TOP > よくある質問

よくある質問

超精密V溝加工(シェーパ加工)

超硬の板に、ピッチ0.4で深さ0.07のV溝を10mmx10mmに加工を施したいのですが可能ですか?
可能です。ミクロテックでは、V溝加工(シェーパ加工)を ダイヤモンドカッターで行っています。
V溝加工(シェーパ加工)は、平面から自由曲面(円筒形状、円錐形状など)、ピッチ0.1~0.01、深さ0.03~0.20 V字先端R=0.003の加工が可能です。

V溝加工(シェーパ加工)はダイヤモンドカッターの加工もミクロテックにて行います。
片角45°に限らず様々な形(半円や異形状)でV溝加工(シェーパ加工)を行うことが可能です。
また、ダイヤモンドカッターにて加工を行うため高硬度材(HRC58以上)に対してV溝加工(シェーパ加工)を施すことが可能です。

ダイヤモンドカッターによる超精密文字切削加工

製品に文字のサイズが0.2mmx0.2mmのアルファベットを加工するための放電加工用電極の製作をお願いしたいのですが、可能でしょうか。
ミクロテックではダイヤモンドカッターによる0.05以下の超精密切削加工が可能で、ご質問にある文字サイズ0.2mmx0.2mm、最小文字幅0.04mmのアルファベットを放電加工用電極に切削することができます。

文字部分は浮き出し(文字部分が凸)でも掘り出し(文字部分が凹)でも可能です。
また文字に限らず、どのような意匠でもダイヤモンドカッターを製作することで加工が可能です。

プレス加工用金型

ある精密部品のプレス加工を考えています。
金型の製作をお願いした場合は、金型のアフターケアもお願いできますでしょうか。
ミクロテックでは金型の製作から工程の設計、金型の品質管理、検査まで一貫して管理ができます。
もちろんご依頼のあった金型の納品後のアフターケアも承っております。

鏡筒カム溝加工(ねじれ、スパイラル、ヘリカル形状)

デジカメの光学レンズに使われる鏡筒カム溝のようなものの加工は行っていますか。
鏡筒カム溝(ねじれ、スパイラル、ヘリカル形状)などのねじれ加工を精密マシニングにより加工いたします。異型形状の複雑で精密な加工ができます。

デジタルカメラのオートフォーカス等で利用される、鏡筒カム溝は高い精度が必要とされていますがミクロテックでは、複雑な形状に関しても精度の高い、鏡筒カム溝を加工し提供することができます。

超精密角穴加工

一辺0.10mmの角穴をつくる金型が欲しいのですが、そのような金型を製作することは可能ですか。
はい、可能です。ミクロテックでは一辺0.30~0.02mm、深さ5~10mmまでの角穴加工(角R=0.003)が可能です。

角穴の4スミは角R0.003にて製作が可能なので、精度の良い角穴の金型製作が可能です。
角穴の数も用途に応じて製作可能です。

ワイヤカット放電加工

厚さ2mm、50×50、チタンにφ0.03ワイヤーカット加工が出来ますか。
φ0.03ワイヤーカット、厚さ2mmまでなら加工が可能です。

3次元高精度測定保証

金型などの加工を依頼した場合、出来上がる製品の検査体制はどうなっているのでしょうか。
ミクロテックではご依頼いただいた製品に関しましては、ISO9001の校正を受けた測定器を用いて、±5μm以下の精度で検査しています。
お客様に精度の高い製品をお渡しすることをお約束いたします。 3次元形状ならい測定や、レーザによる非接触寸法測定も、視覚化して検査できます。

3次元測定の測定結果をデータを添付してお渡しすることが可能なので、形状を視覚的に確認することが可能です。3次元測定だけでなく、投影機などで測定も行いますので更に精度の高い検査結果を提供することが可能です。

高硬度素材に対する放電タップ加工

超硬(タングステンカーバイト)、アンビロイ、ダイヤヘビー等の高硬度素材に放電でタップ穴加工を施したいのですが可能ですか?
可能です。ミクロテックでは、様々な製品の放電タップの加工実績があります。
Mサイズや深さについてはお気軽にご相談下さい。

難削材の加工や小径の加工など、あらゆる事例に関して真摯に
対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

0299-46-4474

0299-46-4472